有限会社アドリブのBlogです。 サービスや覚書などを掲載していきます。

2010年2月8日月曜日

無料で始めるサイト改ざんチェックサービス「サイトミハル(SITEMIHARU)」を開始しました。

無料から始める、サイト改ざん・ガンブラー感染を
誰でも手軽に診断できる『サイトミハル』サービスを開始
~定期的チェックにより、サイト改ざんの危険を最小限にとどめ訪問者の安全を確保~


有限会社アドリブ(東京都渋谷区、代表取締役社長:加畑嘉孝)は、2月9日よりウェブサイトの改ざんやガンブラー感染を診断するオンラインサービス『サイトミハル』を開始します。

2009年末以来、ガンブラー(Gumblar)攻撃などにより、ウェブサイトが改ざんされる被害が相次いでいます。ガンブラーにより改ざんされたウェブサイトには、攻撃者が管理するサイトに誘導する不正なプログラムが埋め込まれており、訪問者のコンピュータはそこでウイルスに感染する危険があります。

すなわちサイト運営者は、改ざんの被害者であると同時に、サイト訪問者に被害を与える加害者になってしまう危険をともないます。こうしたリスクを避けるには、運営するサイトの定期的な診断が欠かせません。アドリブが提供を開始するサイトミハルは、ウェブサイト改ざんの有無を定期的に診断するもので、無料・有料の2種類のサービスを提供します。また、導入前に、サービス内容を確認できる『サイトミハルワンタイム』(無料)も用意されています。

アドリブは、セキュリティに多額の費用をかけられない小・中規模の企業向けに、毎日手軽にウェブサイトの状態を診断できるサービスとしてサイトミハルを開発しました。無料版はウェブサイトのURLと担当者のEmailアドレスを入力するだけで利用でき、URL で指定したページを1日1回診断します。一方、有料版は利用料金が月額2万円(消費税別)で、指定したURL 以下4階層のページを毎日1時間ごとに診断します(下記サービス概要参照)。

また、アドリブでは、専任ウェブマスターやシステム管理者が不在の中小企業向けにアドバンスコンサルティングメニュー(有料)を用意し、セキュリティに不安を感じている企業を全面的にサポートします。

なお、同社では現在、サイトミハル・サービス販売のパートナーを募集しています。


■サービス概要
サービス名:サイトミハル
URL:sitemiharu.com

■主な特徴
・ ガンブラーなどによるページ改ざんに特化したサービス
・ ワンタイム、および無料版:ソースコードレベルで不審なコードがないかチェックする
「ソースコードチェック」を行う
・ 有料版:「ソースコードチェック」に加えて、前回診断時のソースとの差異をチェックする  
「改ざんチェック」とを行うのでより安心
・ 診断結果は担当者宛てメールで送信


■サービスラインアップ 詳細はhttp://sitemiharu.com/info.php をご覧ください

・ サイトミハルワンタイム
 価格:無料
 サイト診断回数:1回1ページ
 ※申し込み前に、サイトミハルワンタイムでサービス内容をご確認ください。

・ サイトミハル無料版
 価格:無料
 サイト診断回数:毎日1回1ページ

・ サイトミハル有料版
 価格:2万円(税別)/月
サイト診断回数:毎時間1回4階層まで(HTMLファイル数1000まで)

-会社概要-
会社名:有限会社アドリブ
渋谷オフィス :東京都渋谷区渋谷 2-22-7 渋谷新生ビル 301
設立 :2002年5月1日
代表者:代表取締役 加畑 嘉孝
事業内容:コンピュータ関係コンサルティング、開発。 原稿執筆、取材
海外製品の輸入、国内製品サービスの輸出など



-プレスリリースに関するお問合せ-

有限会社アドリブ
〒 150-0002 東京都渋谷区渋谷 2-22-7 渋谷新生ビル 301
Email:info@adlibjapan.jp
URL: http://www.adlibjapan.jp/

0 件のコメント:

コメントを投稿